便器の黒ずみは洗剤では落とせない!おすすめの掃除落とし方

b557f8a02846128a5791a5591a878354_s

こんにちはKパパです。トイレに黒ずみが付着していないでしょうか?

便器上部の縁から縦に向かって何本もスジになっていたり、底の水が溜まるところの回りに付着していたりしませんか?

この汚れを落とそうとしてみた方は分かると思いますが、これがかなり頑固で中々汚れが落ちないですよね。

様々な洗浄剤を使ってみましたが、これだ!と言うものに未だ出会ったことがありません。

 

今日は便器の黒ずみを落とすお話です。

スポンサーリンク

結果を先に言うと黒ずみを落とすにはこれしかない

それは耐水サンドペーパーです。黒ずみはカビの一種なので、ちょっとやそっとじゃ落とすことができません。そこで耐水サンドペーパーを使用します。

黒ずみの落とし方をネット検索した方は、既にサンドペーパーを使用することを目にしていると思います。調べられたとおり、サンドペーパーを使用して黒ずみを落とすことについては賛否両論ですよね。

反対されている方の意見は「傷がつく」です。

仰るとおり、耐水サンドペーパーを使用するということは、便器表面のカビを研磨して削ぎ落とす訳ですから、多少なりとも傷は避けられない思います。

だからと言って黒ずんだままで良いのか。

個人的な極論を言ってしまうと、どんな洗剤を使用しても落とすことが出来ない黒ずみは、耐水サンドペーパーで落とすしか方法は無いと思っています。

スポンサーリンク

出来る限り傷を付けずにサンドペーパーで磨く

耐水サンドペーパーは1500番と2000番を用意しましょう。ホームセンターで購入することができます。

はじめはより目の細かい2000番を使用します。5cm四方くらいの大きさに切り、耐水サンドペーパーと陶器の黒ずみ部分を水で濡らします。常に水を含ませながら、表面を”擦る”というよりも撫ぜるように掃除します。これで落ちない場合は1500番を使用します。

洗剤を使って散々掃除しても落ちなかった人は、短時間で直ぐに汚れが落ちることに感動すら覚えると思います。

クリームクレンザーを塗布しれサンドペーパーを使用すると、多少作業時間は延びますが、より傷がつくことを防ぐことができると思います。が、私は使用しません。

掃除してみると分かると思いますが、黒ずみを落とした後に乾いた雑巾で拭き取ってみても、殆ど傷は見えないし、艶も損なわれることはありませんよ。顕微鏡で見れば傷は確認できると思いますが。

傷が付くと

目立たない、艶も特に損なわれない、それでも細かい傷が付けば、表面のコーティングに汚れが付着しやすくなると言う方もいますが、一度黒ずみを落とした後はマメにトイレを掃除すれば問題ありませんし、そんなに汚れやすくなるとも思わないです。

それよりも黒ずんだ便器を見続ける方が耐えられませんよね。


以上、便器の黒ずみ落としには、私は耐水サンドペーパーを使いますよ!というお話でした。

こちらの記事もおススメです。

  • 我が家の満身創痍のウォシュレット 温水洗浄便座を選ぶ基準我が家の満身創痍のウォシュレット 温水洗浄便座を選ぶ基準 こんにちはKパパです。 最近、我が家のウォシュレットの調子が悪くなってきました。おしり洗浄ボタンが反応しない。仕方ないのでビデボタンで代用していましたが、停止ボタンも反応しない […]
  • 自分で直す!止水栓が固くて回らない自分で直す!止水栓が固くて回らない こんにちは!Kパパです。 止水栓とはトイレの給水管や洗面台の給水・給湯管に取り付けてあるバルブのことですが、水漏れを直そうとして回してみると、固くて回らない事ってありませんか? […]
  • 自分で直す!トイレの詰まり自分で直す!トイレの詰まり こんにちはKパパです! 忘れた頃にやってくる!突然のトイレの詰まり!水がワーッと上がってきて溢れる寸前。ひどいと溢れて床が水浸しに!突然のトラブルに慌ててしまいますよね。 […]
  • TOTOロータンク洗浄管の水漏れをシールテープで直すTOTOロータンク洗浄管の水漏れをシールテープで直す こんにちはKパパです。 「シールテープの巻き方向」の記事で、シールテープは応用が効くというお話しをしましたが、今日は隅付ロータンクの洗浄管が水漏れした時に、シールテープさえあれ […]
  • 便器の床フランジを交換するのは意外と簡単便器の床フランジを交換するのは意外と簡単 こんにちはKパパです。 便器を床に固定する床フランジは、そうそう交換するものではないのですが、便器を外してみると大変なことになっていることがあります。 サインは床フラ […]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
    

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ